>info>介護福祉士に転職して社会貢献をしよう【転職で失敗しないコツ】

介護福祉士の主な仕事内容

一人では生活が困難な高齢者や身体障害者のサポートをするのが、介護福祉士の主な役目です。決して楽な仕事だとはいえませんが、高齢化が進む現在需要が高まっているため、働き口に困ることはないでしょう。社会貢献したいと考えている人には、おすすめの仕事だといえます。

介護福祉士とヘルパーの違いとは

昇進も目指せる・介護福祉士

基本的に介護福祉士とヘルパーの業務内容に大きな差はありませんが、介護福祉士の資格を有していれば、現場責任者など介護のスペシャリストになることもできます。

要介護要員の身近で働ける・ヘルパー

介護福祉士のように現場を取り仕切ったり職員に対して指導を行ったりするようなことはありませんが、要介護要員の身近でサポートを行えます。管理職よりも介護自体に興味があるという人は、ヘルパーを目指すといいでしょう。

介護福祉士に転職して社会貢献をしよう【転職で失敗しないコツ】

老人

介護福祉士として働くために必要な資格

介護福祉士になるためには、専門の資格が必要となります。ただ試験に合格すればいいというわけではなく、施設での勤務経験が必要となる資格もあるので、まずは自分が目指している資格の取得条件を調べてみましょう。今後進学予定の人は、資格に合わせて学校を選ぶというのも一つの手です。

転職先を探す方法

介護士と老人

転職エージェントに相談する

転職を目指すのであれば、専門のエージェントに相談してみましょう。求人情報を探すだけではなく、自分の有している資格や今まで積んできた経験を元に、最適な仕事を探してもらえることでしょう。

求人サイトを利用する

仕事を退職してから新たな仕事を探してもいいですが、退職したらすぐに次の仕事に就きたいという人は、仕事の合間に求人サイトを利用して転職先を探しておくといいでしょう。深夜や休憩時間など、自分の好きなタイミングで仕事を探すことができます。

同業者に紹介してもらう

自力では良い転職先を探せないのであれば、同業者に相談してみましょう。自身の勤務先に空きがあれば、仕事を紹介してもらえるかもしれません。知り合いが勤めている職場であれば、事前に評判を聞くことができるというメリットがあります。